振袖をレンタルする際の平均的な価格相場について

振袖は、未婚の女性が着るものであり、若い時期にしか着られないものであるにもかかわらず、購入する場合にはある程度まとまった額のお金が必要になります。また、クリーニングに出す場合の費用が高く、防虫剤などを利用するなど保管方法にも気を付けなければならないことなどから、最近はレンタルで一時的に借りる女性が増加してきています。

関西在住の方は神戸で振袖レンタルする場合の費用は、安いものもあれば高いものもあり、ピンキリです。安ければ10万円程度で借りられますが、高いものであれあればレンタルであっても、100万円近くする振袖もあります。

そんな中で、平均的な価格相場は15万円から20万円であることが多くなっています。ただし、お店によって、振袖のレンタル代に加えて、着付け代が別にかかるところもありますので、確認が必要になります。

一般的に、着付け代、メイク代、写真代などの費用をすべて合わせると、30万円ほどが必要になることが多くなっています。

成人式や卒業式シーズンは、早めに振袖のレンタルをしておく必要があります。お店によっては、かなり早い段階で予約をすることによって、割引サービスを行っているところもあります。そのようなサービスを利用することで、費用を抑えることが可能になります。

振袖をレンタルする為に必要な事とは?

最近は、振袖のレンタルが人気になっており、着物屋でも販売よりもレンタルに力を入れているところが増えています。振袖は、未婚の女性が若い一時期に着ることができるものであり、クリーニングに出す際に費用がかなりかかることや、保管方法の難しさなどもあって、レンタルの人気が高くなっています。

振袖をレンタルする為に必要なことは、着物屋での早めの予約です。女性が振袖を着る場面として代表的なイベントが、成人式や卒業式です。そのため、振袖のレンタル需要が最大になるのは、毎年1月から3月にかけてであり、このタイミングで新作のトレンド柄のものを借りることが難しくなります。

着物屋の多くは、1年くらいまえから振袖レンタルの予約を受け付けていることから、成人式や卒業式などのシーズンに流行の柄のものを着たい場合は、早い段階で予約を入れておくことが大切です。

また、背の低い人や高い人の場合、借りられるものが少ない可能性があるため、予約を電話で入れた後、できるだけ早い段階で下見に行くことがポイントです。着付け方法などは、お店の人が一から教えてくれますし、振袖をレンタルする当日は着付けを手伝ってくれますので、心配する必要はありません。

人気がある振袖のレンタルについて

振袖を購入する場合、ある程度まとまった額のお金が必要になります。また、未婚の時代の若い時代にしか着ないものであり、クリーニングコストが多額であり、防虫剤などを用いて保管する必要があることなどから、最近はレンタルで一時的に借りる女性が増えてきています。

振袖を着る女性が一番多い時期は、成人式です。成人式に人気のある振袖レンタルを行うことは、難しいため、あらかじめ予約を行うことが重要になります。ほとんどの着物屋は、1年くらい前から振袖レンタルの予約を受け付けていますので、人気のトレンド柄など成人式にレンタルしたい場合は、早い段階で予約を行う必要があります。

また、背の高い人や低い人は、人気がある柄などが品薄になる可能性がありますので、予約を行った上で自分の体に合ったものがあるかどうかの下見を行うことが必要です。

成人式の次に振袖レンタルを行う人が増えるのは、卒業式シーズンです。そのため、毎年1月から3月の間は、人気がある振袖のレンタルをすることが難しくなります。

新作の振袖は早い段階で着物屋で紹介されていますので、気になるものがあればできるだけ早いタイミングでレンタルの予約をしておく必要があります。

振袖をレンタルする人の理由

成人式や卒業式などの機会で、振袖を着ることがありますが、最近は購入するのではなく、レンタルする人が増えています。振袖をレンタルするには理由があり、今回はその件についてご説明します。

まず、振袖を着る機会というのは人生において、それほど多くありません。振袖は未婚の女性が着るものですので、若いうちに使うことが一般的です。着る人がもっとも多いのは、成人式です。その次が卒業式、結婚式などのパーティになります。

このことから、人生で数えるくらいしか着る機会がない高価な振袖を購入するよりも、レンタルして着る方が合理的であると考える人が増えています。また、振袖を一度着るとクリーニングに出すことが一般的ですが、クリーニング代もそれなりの費用がかかります。

さらに、保管方法が大変であり、タンスなどのスペースを確保することから始まり、虫に食われないよう防虫剤を用意したりする必要があり、コストだけではなく手間がかかってしまいます。

お店側も販売ではなく、レンタルに力を入れているところもあり、さまざまな種類があって、ますます購入する意味が低くなっています。これらの理由から、振袖を購入するのではなくレンタルする人が増えています。

振袖をレンタルする方法

最近は、振袖を購入するのではなく、レンタルする人が増えています。振袖を着るのは、未婚の女性であり、若い限られた時代しか羽織ることができないものであり、保管方法なども難しいため、レンタル需要が拡大しています。

以前は振袖を販売しかしていなかったお店でも、レンタルに力を入れているところが増えています。レンタルをする着物屋が増加していることによって、振袖の種類も豊富になっており、可愛いものをリーズナブルにレンタルできるようになっています。

レンタルを行っているお店に行けば、振袖を借りることができます。成人式や卒業式のシーズンを除けば、予約などをしなくても対応してくれるところが多いですが、念のため電話で予約をしておくと安心です。

身長が高い女性向けの振袖を用意している着物屋もありますので、電話で連絡をして、自分の身長を伝えておけば、問題なくレンタルすることができます。

振袖の着付けをしたことがない人であっても、お店で丁寧に教えてくれますので一人で来店しても問題はありません。購入することに比べれば、はるかにリーズナブルに着ることができますので、お気に入りのものが見つかるまで、お店の人と相談しながら決めることができます。